SE_LOGO STUDIO EQUIPMENT
スタジオイクイプメント
HOME 会社案内 業務案内 製品情報 輸入製品情報 技術資料 リンク MISC

当社施工スタジオ訪問記

P'sスタジオ様
 P'sスタジオ様のお披露目に行ってきました。ついでに取材をさせていただきました。当社はMAルームの配線工事を担当させていただきました。内装工事は(株)若林音響様が担当されました。
  内装工事部分を含めて一部を紹介させていただきたいと思います。


 P'sスタジオは二つのスタジオの機材を組み合わせて新しく(株)ポニーキャニオン エンタープライズのスタジオとして飯倉にオープンしました。二つのスタジオの機材をいいとこ取りしただけあって機材は大変ぜいたくな構成となっています。

 P'sスタジオは二つのスタジオの機材を組み合わせて新しく(株)ポニーキャニオン エンタープライズのスタジオとして飯倉にオープンしました。二つのスタジオの機材をいいとこ取りしただけあって機材は大変ぜいたくな構成となっています。

 コンソールはデジタル・コンソールのSSLのAXIOM。ノブやスイッチの数が大変多く、一見アナログコンソールのように見受けられます。操作性を重視すると、ワンタッチですぐに反応するコンソールが良いそうです。
 コンソール中央部にt.c.electronicのSYSTEM6000のコントローラーが埋めんであります。

 AXIOMの右側にはDM1000が埋め込まれています。

 AXIOMのディレクターテーブルがEIA規格の2連だったので多くの機材をうまく組み込む事ができました。
 シールが貼ってあるキーボードはProTools用です。

Fairlight DREAM Satelliteのコントローラーです。コントローラーの左右にリモコンのスイッチが取り付けられています。左側はVTRセレクターのリモート・スイッチ、右側はイベントの登録スイッチに使用されています。 

  コンソール左側のスペース。モニターはフェアライトの画面が映っていますが切り替えでシンクロナイザーの画面も出すことができます。

 二つのスタジオから選んでいるのでアナログの名機もそろっています。

 落ち着いた感じのアナ・ブース。
 
 
 
 
 
 
 
 
 リヤにも小型スピーカーが配置されていてサラウンドのモニタリングが可能です。

音楽録音スタジオで定番の当社キューシステムも有り、ボーカルダビングもできます。

さてこれから何が始まるのでしょうか?
 何とSTUDERのA-807が出てきました。普段使用しないので壁の中に埋め込んだそうです。
  P'sスタジオのMAルームでは様々な埋め込みの技が駆使されています。手前のA-730 CDプレーヤーもディレクターテーブルに埋め込まれています。

室内の照度を落した上で手元が明るくなるようにソファーの両サイドは間接照明となっています。ジャージパネルが曲線に加工されています。 携帯電話の充電がサイドで出来る様にするためのデザインとのことです。ちょっとめずらしい内装工事のテクニックです。若林音響さんこだわりのデザインです。

 共通マシーン・ルームの一角にMA室の機材が設置されています。

 ここでも埋込み技が。A-730がプルアウト・シェルフの上に乗せてあります。

 Fairlight  MFX-3が仕込み用に設置されてあります。 

 TASCAM DA-98HR等も仕込み用でコントロール・ルームとほぼ同じ機能・機種のレコーダー類が仕込み用としてマシン・ルームに設置されています。 

 
 MA室のVUメーターがヘッドルーム可変型となるモディファイを行っているので、同様のリファレンスモニターができるように、編集室のVUメーターもヘッドルーム可変モディファイを行いました。
映像編集室側までVUをリファレンス可変とするのは、音を重視するこだわりの姿勢が現れています。


 P'sスタジオのスタッフの皆さんは機器の操作性への徹底したこだわりがあります。それが埋込み技と機器のモディファイへと繋がっていきました。私たちも熱意に応えるべく、工事と平行して機器の組み込みに励みました。配線工事と平行してやっていかないといけないので工期に間に合わせようとするには、かなり精神的なプレッシャーを感じながら作業を行なわなければならないところなのですが、スタッフの皆様のアットホームな雰囲気に助けられて工期内に完成させることができました。感謝しております。
[直前表示に戻る]

HOME 会社案内 業務案内 製品情報 輸入製品情報 技術資料 リンク MISC
(株)スタジオイクイプメント 〒154-0002 東京都世田谷区下馬5-2-10 PHONE:03-3795-3111/FAX:03-3795-3353